あけましておめでとうございます。

b0218975_1551736.jpg

あけましておめでとうございます!
手抜きでなにか作ってみました。あんまりおめでとう感が出ないですね…

b0218975_1575416.jpg

(↑赤くしてみた)
超スローペースなブログですが、今年もどうぞよろしくお願いします♪
2013年も楽しい一年になりますように(´Д`*)



まったく触れていなかったのですが、2012年の9月、ついに20歳になりました。
10代から20代に変わる瞬間って、なんかすごく不思議なキモチでした。
誕生日を迎える30分前くらいから、10代ってなにしてたっけなぁ…と思い出して
ひとつひとつ携帯のフリーメモに書き出したりしてました。
新年早々ですが、なんとなく振り返ってまとめてみようと思います。
(以下、100%備忘録です。かなり長いです。)

10歳──
小学4年生のときは…2回骨折しました。
確か1回目は学校の跳び箱で、2回目は家のドアです。
学校の体育の授業で跳び箱をしているとき、手をつくところが手前すぎて
指が曲がったところ、その曲がった指に全体重がかかって折れました。説明が難しいです。
先生に涙目で訴えると「保健室で診てもらってきなさい」と言われ、
保健室の先生に「捻挫だね」と言われ、湿布のようなものを貼ってもらったが
その夜寝るときもまだ痛み、次の日整形外科に行くと
「…折れてますね。よく一晩こんな痛みに耐えましたね。」と言われました。
学校で先生に言うと「エェー!?骨折!?」
左手でよかったと思いながらも、自由のきかない生活は苦痛でした。
お風呂が一番大変でした。
でも学校では「牛乳パック、開けてあげるよ!」とか、「それ持ってあげる!」と
友達の優しさに胸を打たれる日々でした。

2回目は家のドアにぶつかって折りました。
その時なぜだかすごく急いでて、ドアが開いてるものだと思って突っ走ってたら
案の定ドアは閉まっていて、そのまま激突してまた左手の骨を折りました。
それぐらいで折れる骨ってどうなの…(カルシウム不足?)
先生にこの事を伝えると「エェー!?また骨折!?」
クラスのみんなも「また!?」って感じでした。私もまた!?って思いましたから(笑)

11歳──
小学5年生のときは、音楽会や6年生の卒業式でピアノを弾きました。
4年生のときも音楽会でピアノを弾きました。私が弾いて、他のみんなは歌う、みたいな。
歌を歌いたくなかったからピアノを弾きたいって気持ちもありました。
卒業式のとき、卒業証書授与のBGMをいっぱい弾いた記憶があります。

12歳──
小学6年生のときも、ピアノを弾きました。
音楽会では自分のクラスの曲と、全校生徒で歌う音楽会のテーマみたいな曲を弾きました。
卒業式では定番の「旅立ちの日に」を弾きましたよ。
真後ろに音楽の先生が立ってたんですが、グスッグスッと号泣してたので
ちょっとしんみりしながら弾いてました。(冷静。笑)
塾に通い始めたのもこの歳だったなぁ。

13歳(中1)──
2歳の頃から習い続けていたピアノ(YAMAHA)をやめました。
そして吹奏楽部に入部。楽器はトランペットでした。
仮入部のときにそれぞれやりたい楽器を選ぶんですが、なんかトランペットってかっこいい!
って気がしてトランペットにしました。理由はそれだけです。
毎年8月にコンクールがあるのですが、定員は50人なので1年生はオーディションがありました。
落ちる人はそんなにいないのですが、私はオーディションに落ちました。
出られないと決まった瞬間は、なんか悔しくて、涙が出そうでした。
当日は舞台袖から友達とみんなを見守ってました。

14歳(中2)──
夏~秋ぐらいに初めて1stの楽譜をもらいました。
吹奏楽部の人ならわかると思いますが、主に1stは主旋律で、2st,3rdは副旋律です。
そりゃやっぱり主旋律を吹きたいじゃないですか。
大体の曲は3年生→1st 2年生→2nd 1年生→3rd って感じなのですが、
当時同じ2年生の中で私は初めて1stをもらいました。(曲は『星条旗よ永遠なれ』でした。)
これってもしかして、自分が一番上手いってことじゃ…とか調子に乗って思ってました。

しかし後日、塾で同じ吹奏楽部の友達に「授業の後、ちょっと話そう!多分、嬉しい話やで♪」と言われ、
一体どんな話されるんだろう…と全く予想がつかないまま聞いてみると
「今日な、トランペットの先輩と話しててん。そしたら先生(吹奏楽部の顧問)が先輩に
今の2年で誰が一番上手い?って聞いてん。そしたら先輩が○○(私の名前)って!
一番トランペットの音に近付いてきてるし、これから期待してるねんて!頑張って♪」
…唖然。1年のとき1人だけコンクールに出られなかったのに、1年後こんなことを言われるとは。
そのときはとにかく嬉しくてしょうがなかったです。
あ、中2のときはプリ帳(プリクラを貼る手帳)にもハマってました。

15歳(中3)──
ついに自分のトランペットを買ってもらうことになりました。
おばあちゃんがお金を出してくれたのですが、今思えばとても申し訳なかった…。
YAMAHAのxenoというモデルのトランペットで、すごくすごく高かったです。
今となっては全く吹いていないというのに…。買ってもらわない方がよかったと言うより、
買ってもらったんだから趣味でも吹かなきゃダメだよねぇ。
中3といえば受験生ですね。
塾ではなぜか英語だけ一番頭の良いクラスに入れられてました。
多分、塾の英語の先生が好きで、教え方もわかりやすいので伸びたんだと思う。
反対に数学は大嫌いで、大体下の方のクラスでした。
受験勉強はろくにしてなかった。

16歳(高1)──
クラスで特に仲が良い子は1人しかいませんでした。
お弁当は私を含む5人で食べてたけど、途中で私と友達、他の3人に別れました。
秋は学園祭があり、それを境に今まで付き合ったことのないジャンルの子2人と友達になりました。
ちょっとギャルっぽい感じの子。でも性格は合いました。

初めは寝てた数学の授業、毎回寝てたのですが、ある日ふと起きてみると
みんなやる気がなく、そんな中ひとり授業を進めるいい人そうな先生が可哀想に思えてきて、
真面目に受け始めた。(動機が不純)
すると評定が5.0になってた。
評定は、大学受験の際に大学に送る内申書に書かれているのですが、通常生徒本人が見ることはできません。
内申書の入った封筒を開けずに大学に送らなければならないので。
しかし、現役のころ受けるのをやめた大学宛ての内申書を、浪人生になってからこっそり開けてみると…
衝撃の事実でした。そんなこと分かってたら文系にしてなかったのに。

高校初のテスト、前日に30分しか勉強しなかった古典がクラスで1位だった。
先生には褒められたけど、30分に負ける40人ってみんなどんな勉強してるんだろうと思った。
授業も特別真面目に受けていたわけじゃないのに。

…とか調子に乗って勉強をしないでいると、みるみる成績が下がり、
3学期にはついに学年会議で「急激に成績が落ちた生徒リスト」というものに載せられてしまった。
でも、載らなかったらこのリストの存在を知ることもなかったので、いいかな。(※よくない)
古典の先生に「…○○さん、ちょっといい?」
「あのね○○さん、最初の古典のテスト、トップやったでしょ?すごいなー!って思ってたのよ、先生。
でも最近のテストで成績がひどく落ちてびっくりしてるんやんか。
次が1年生最後のテストやから、頑張って!」と熱いエールを送られ、
「先生がこんなに言ってくれてるのに…!先生に恩返ししないと…!」と思って
死ぬ気で徹夜しました。
すると学年1位になり、見事最後の恩返しを果たすことに。

17歳(高2)──
クラス発表のとき、高1のとき同じクラスだったすっごく可愛い子がいて話しかけると
「○○ー!うちも1人やってん、よかったー。゚(゚ノД`゚)゚。」と言ってくれて
「お…?これはこの可愛い子と仲良くなれるパティーン!?」と思ったら
その子は違う子に取られて行った(※言い方わるい)
その後、苦手な感じの子(□□)と2人になることが多くなり「これはまずい…!」と思って
球技大会が最後のチャンスだと思った。
実はクラスが決まって出席番号順に席についたときからこの子仲良くなれそうって
勝手に思ってた子がいて、その子は私の1つ前の出席番号の子だったんですが、
球技大会のときに思い切って「ねね、体育館見に行かない…?」と誘ってみました。
この1日ですごく仲良くなりました。
後から聞いた話によると、
「実は私も友達いなくてどうしよって思っててんやんか!
△△さん(違うクラスのその子の友達)にどうしよ、友達できへんって言ったら
「仲良くなれそうな子はいないの?」って聞かれて、実は○○(私)の名前言っててん…!
「話しかけてみたら!」って言われて、頑張って話しかけようとしたら○○が□□と仲良くなってて
「あ、うち友達できへん」って思ってた(笑)」
っていう両思い話を聞いてすげー!って思いました(笑)

他にもすごく気の合う友達が2人いて、その子たちとは常にしょうもない話をして笑ってました。
すごい楽しかったなぁ、あの頃。
あと担任がめっちゃ可愛かった。とにかく可愛い。詳細はなしで。
2学期の進路調査で、なかなか将来の夢が決まらなかった私は「音大志望」と書きました。
他にも製菓とか料理系の学校、学部を志望校に書いたり。
しかしうちの学校(私学)はバリバリの進学校だったので、面談で担任に
「やっぱり、こういうところに行くと就職先が限られてくるから、絶対に将来こういうことをしたい!っていう
強い気持ちがないなら、普通の大学に行った方がいいなあ。
変な話、普通の大学を出てたらどんなとこにでも就職できるでしょ?」

あとは担任が「英検は持ってた方がいいから、できれば受けてほしい。」と言われて
初めて英検を受けました。大体分かると思いますが、勉強は何もしませんでした。
当日、教室に英検の過去問のコピーが置いてあったので、それを見てみました。
適当にやってみると「…あれ?全部合ってる」
別に私が特別頭が良いわけではなく、この4択なら絶対コレでしょみたいな問題ばっかりで
本番もそんな感じで適当に解きました。リスニングはなにを言ってるのかさっぱりだった。
後日、筆記試験の結果が返ってきて、点数を見てみると
一緒に受けたすごく頭の良い友達2人より上の点数で、あれ、私って英語得意なんじゃない!?
と自分で言うのもなんですが思いました。
面接はぐだぐだでした。なんて答えてよいのか分からず、でも黙ってるわけにはいかないので
「あなたはパソコンを使って勉強をしますか?」みたいな質問に
30秒ほど黙り込んだ末「…I don't know.」と答えました。
すると「Oh, one more please? OK.」みたいな感じでもう一度同じ質問を繰り返してくれました。
なんて優しい面接官なの…
そんな感じで、面接もスルーして見事人生初の資格取得に至りました。(英検準2級)

18歳(高3)──
2年生のとき仲の良かった2人と同じクラスになり、すごく幸せでした。
人見知りなので、新しい友達を作るのが苦手でして…。
そのうち1人はなんと、高校3年間同じクラスです。かなりの確率ですよ。

ここまでの
他にもすごく気の合う友達が2人いて、その子たちとは常にしょうもない話をして笑ってました。
一緒に受けた頭の良い友達2人より上の点数で、あれ、私って英語得意なんじゃない!?
2年生のとき仲の良かった2人と同じクラスになり、すごく幸せでした。


の「2人」は実は全部同じ2人なんですが、
実は2人とも今私が通っている大学に推薦で行きました。すごいでしょ?
頭の良い2人はいつも地道に真面目に努力してました。私みたいな一夜漬けタイプとは大違いです。
そしてこの2人にたまたま勝るときがあったからといって調子に乗り、
そのまま1年ろくに受験勉強もせずに過ごした私は浪人する羽目になりました。
浪人して、2人と同じ大学(学部もキャンパスも違うけど)にやっと合格し、
私は努力の意味を改めて思い知りました。
一夜漬けで2人より良い点を取っても意味がないんだよ。
なぜなら、受験に一夜漬けなど通用しないのだから…

19歳(浪人)──
まさか自分が浪人するとは思わず、驚愕した。
お母さんお父さん、こんなバカにお金をかけなくてもいいよ、(←現役の入試で散々かけさせといて)
予備校なんてお金がかかるから、宅浪でいいよ、と思ったけれどもやはり許されず
予備校に通うことに。
予備校は友達を作る場所じゃないと思っていましたが、予備校生活3日目のお昼、
「ひとり?一緒にご飯食べへん?」と話しかけてくれた可愛い子により
私にも友達ができました。4人と仲良くなり、大体5人でお昼を食べてました。
予備校は勉強をする場所だと思っていたので、毎日すっぴん。

予備校時代にすっごく仲の良かった子が1人いて、もう…親友!って感じなのですが
その子はとても緊張する子で、同じ試験会場でお昼を食べた際
私が4階でその子は2階なので4階まで上がってきてもらって一緒に食べたのに、
ばいばーい!とエレベーターの前で別れて自分の席に戻って勉強をしていると
その子がなぜか私の教室にいてうろちょろしてました。
どうやらここは4階なのにエレベーターに乗った際4階のボタンを押したらしく、
もちろんエレベーターはそのまま開き、その子は一瞬エレベーターに乗って降りただけでした。
その子は今も浪人してます。
その子が無事2浪生活を終えて大学に合格したら、私は晴れてお酒を飲みます。

実はまだ20歳になってからお酒を一滴も飲んでません。
もちろん今までもお酒を飲まず烏龍茶やジンジャーエールで飲み会をやり過ごしてました。
早くあの子のお祝いをしたいです。

20歳(現在)──
ちなみに、予備校で初めて話しかけてくれた子とは今、このお世話になった予備校でバイトしてます。
大学は違えど、バイトが一緒なのでよく会うし、浪人時代より仲良くなりました。

って感じでかなり長くなりましたが、この辺で終わっときます。
多分ここまで読む人は未来の私しかいないはず。
…げっ!もう4時なのヾ(;▽;)ノ 今から急いで寝て、明日は新春のテレビを見ますzzz
[PR]
Commented by ルイーヂ at 2013-01-10 23:36 x
今さらだけど全部よんだよわしは_(⌒(_'ω')_

骨折やばいな・・・w 
俺もそれブログにでもかこうかなぁ

友達はね、一生ものだからね。
大事にしないとね。 一緒にお酒でお祝いできるといいな。
Commented by nana_mi_ura at 2013-01-12 23:57
>>ルイーヂさん
全部読んだ…だと…
そう、短いスパンで2度も骨折しました(´Д`;)
忘れないうちにまとめとくと良いですよ!

そうですねー。少数のお友達と深く、長く付き合っていきたいです。
ほんと!はやくお祝いしたーい!
by nana_mi_ura | 2013-01-01 04:10 | 日常 | Comments(2)