カテゴリ:日常( 66 )

咲き始めのお花見

3月29日の日曜日の夕方、近所でちょっとだけお花見をしてきました。

b0218975_215358.jpg

まだ蕾ばかりかなと思ったんですが、思ったより咲いていました!

b0218975_2243413.jpg

蕾は開いた後の桜より少し色が濃くて可愛いですね。

b0218975_2265741.jpg

咲いてるゾーンはこんな感じで、満開ムード。

b0218975_2305243.jpg

夕方だったので暗めに写ってしまいました。

今年はなぜかお花見したい欲がすごくあり、ちょっと早めに軽いお花見をしてきました。
フライング花見(?)してみて思ったのは、咲いた花と蕾の両方が楽しめるお花見も案外いいな~ということ(*´∇`*)
いつもは各お花見スポットの見頃を調べて、満開のときばかり見に行っていたので…

そろそろこの近所の桜も満開になる時期だと思うので、明日あたりまた見に行ってみようかと思います♪

去年の近所の桜はこちら。(冒頭の2枚)
(レトロモードで撮影したので色が残念ですが… 今年は上手に撮るぞ~!)
[PR]
by nana_mi_ura | 2015-04-02 02:53 | 日常 | Comments(0)

歯医者さんの話(長文)

みなさん、いい歯医者さんに掛かっていますか?

私は昔から虫歯が多く、歯医者さんにお世話になりっきりの人生を歩んでいます。(現在進行形)
子どもの頃は、その頃住んでいた家の近所の歯医者さんに通っていました。
治療代は高かったですが、ちゃんとしたいい歯医者さんだったと思います。

やがてその歯医者さんの院長がお亡くなりになり、院長の後を誰かが次いでその歯科は心機一転スタートしたようですが
今の家に引っ越してからは通うには不便な遠さになったので、そこに通うのは止めました。
次に通い始めたのは母におすすめされた歯医者さん。
今の院長は2代目で、歴史ある歯医者さんだし信頼できるとかなんとか。
そこに通い始めてまず思ったのは、治療代が安いこと。
というか前が高すぎたんだと思いました…この時点でこの歯医者さんを信頼し始めます。
何といっても中身が大事ですね。
院長はもちろん助手の方も皆さん良い方で信頼できました。
その歯医者さんはなるべく痛みを避ける治療と言うのを心がけているようで、初めて虫歯を治してもらったときは
「えっ、もう終わり?」とあまりの痛みのなさに驚きました。
前の歯医者さんはすごく痛かったのです…。(子どもだったということもあるかと思いますが。)

そして、大学受験生になり、歯医者さんに通うのが億劫になりました。
そこまで遠かったわけではなかったのですが、学校から帰ってきて自転車でそこまで行くのがしんどくて。
後そこでも待たなきゃいけないし、帰るときには暗くなるし。
そんなとき、実はうちの目と鼻の先にも歯医者さんがあったので、そこならすぐ行き来できるから良いと思い
今度はそちらへ通うことにしました。
やぶ医者という噂もちらほら聞いていましたが、うちの近所に住むおばあちゃんは良いって言ってたし
一度行ってみようと思って…。

通っていると、案外普通の歯医者さんでした。
子どもが多い。院長は子ども慣れしているのか、安心するような対応。
すぐ治るから安心してくださいね~とか、そんな感じでした。
最初は奥から2番目(親不知の隣)と真ん中らへんの虫歯を2本治療してもらいました。

それから少しして、奥歯が急にすごく痛み出したので、
私は「奥歯が痛い。虫歯がある気がする」と伺いました。
すると院長は
「診てみたけど、虫歯はなさそうですね。受験生だからストレスで痛んでるのかも。
あとはレントゲン見てもらったら分かるように、ここの親不知が斜めに生えてるから、
隣の歯をグーッと押して痛んでるのかもしれないです。」
とのことでした。
結局その歯に対しての処置はせず、次の予約をしてその日は帰りました。

しかし、数日後。
奥歯がもう先日の痛みとは比較にならないくらい、尋常じゃないぐらい痛み出しました。
寝るときに気付いたんだったかな。とにかく「い、痛い……。」
どうにもこうにも痛すぎて夜も寝られなくて、大泣きしました。いい年だけど本当にそれくらい痛かった。
それでもう、あそこはやぶ医者だったんだ…と確信して、
次の予約をドタキャンして前の歯医者さんに伺いました。

「奥歯がすごく痛くて…。親不知なのかなと思うんですけど(というかやぶ医者からはそう聞いたんですけど。)」

「ちょっと診てみましょう。」

「…うーん、どうもこれは親不知じゃないですね……。」
「えっ?」

「この歯とこの歯ね、神経が死んじゃってます」


………。
………………………………???


この歯とこの歯って、その2本とも見事に近所の歯医者でやってもらったところですよ??

「虫歯の上から被せものをしたので、被せものの下で虫歯が進行してしまって神経が死んでしまったんですね。
外からはちゃんとした歯に見えますけど、中はもうボロボロです。」

………………………………。

普通、虫歯があったときはその虫歯の部分を全部削って取り除いてから被せものをしますが、
やぶ医者が全部取り除いていなかったので中で虫歯がどんどん進行して神経が死んでしまったと言うのです。
つまり、親不知が隣の歯を押していたから痛かったのではなく、
親不知の隣の歯、その歯自身が虫歯で、被せものの下で虫歯がどんどん進行して
とうとう限界まで来て、痛みが頂点に達したということ。
そして、限界を越えました。(=神経が死にました)

えっと、もう何をどう言えばいいのか…。
とりあえず、その2本の歯の神経は一生戻ってこないものとなりました。

そしてあんなに痛かった歯が、ちょっと治療してもらっただけで全く痛くなくなりました。(親不知は抜いていません)
すごい安心感。
アアア、もう、もう、ずっとここに通っておけば良かったものを…。

ちょっと時間がかかるからって、近くのとこなんかにしなければ良かった。
しかもやぶ医者って噂があったのに。
親不知は突然ズキズキ痛むことがあるって知ってたから、やぶ医者の言うこと信じてたのに。
素人が何もわからないことに付け込んで、虫歯の痛みを「親不知の痛みです」って間違った情報で済ます医者がいるなんて許せない。
これ、私訴えたら勝てませんか…?こんなことがあって良いんですか…?
なんで歯の神経を殺されたのに治療費まで払わないといけないんですかねぇ。
っていうか治療費取っちゃダメでしょ…これは損害賠償払ってもらうまであるでしょ……。
もう、憎しみだらけ。その歯医者の入り口に「やぶ医者」って書いた貼り紙を貼ってやりたいくらいでした。

でも、前の歯医者さんの治療の安心すること、安心すること…。
結局親知らずは斜めに生えているので(隣の歯に支障を来すので)抜くことにしましたが、
もう安心感しかありませんでした。
痛みの治まりの早いこと早いこと…。
この歯医者さんへの信頼感はどんどん増すばかりでした。

そして、大学2年。
歯がまた痛んできたので、もう何も迷うことなくこの歯医者さんに通い始めました。
そしていろいろ治療してもらい、今日で最後です。また半年くらいしたら定期健診に来てくださいとのこと。

で、なかなか行けなくて半年以上が経過。(信頼していると言えども、一応歯医者嫌いには変わりないので…笑)
大学3年、去年の夏休みに、突然歯が痛み出しました。
歯を磨くときに冷たい水を口に含むとありえないほど沁みる。ジーンとする。うがいできない…。
温かい水は大丈夫なんです。でもぬるかったり冷たいとホントに口に含んでいられない痛み。
水がちょっと当たるだけで倒れそうな痛み。口の中泡だらけでもいいから、うがいしたくない!って感じ。
もう歯医者に行くしかない!と、その日はもう夜中だったので、翌日歯医者に行くことにしました。

いつも通り、あの信頼できる歯医者さんに行くつもりでした。
ところが。
「8月○日~△日はお盆のため休業します。」
ちょうど、翌日から休業でした。
ウソ…。こんな痛み、10日も引っぱってられない…。
歯も磨けないのに。
いろいろ近くの歯医者さんを調べましたが、どこも同じくお盆休みに入っている様子。
嗚呼、あと1日早ければ……。
そんな中、1つだけ空いてる歯医者さんを見つけました。
しかも口コミの歯医者さんランキングで、あの信頼できる歯医者さんより1つ上のランクだ…!
良かった、まだ助かる…と思い、翌日急いでその歯医者さんに電話しました。
すると受付のお姉さんが優しく、「予約制なので、急診となると応急処置のような手当しかできませんが、それでもよろしければ…」と言ってくれました。
はい、もう応急処置でもなんでもいいです。とりあえずこの状態だと生きていけません。
ということで無事予約を取り付け翌日診てもらいました。
院長さんも助手の方々も優しくて雰囲気の良い感じ。明るくてフレンドリー。
レントゲンを撮っていろいろ調べてもらいました。
「痛いと言われた歯は虫歯にはなっていないので、知覚過敏ですかねぇ。」
「とりあえず痛みを抑える薬を塗っておきますね(?)」

とこんな感じでした。
実は痛みが出た翌日、目が覚めたときには痛みは引いていてうがいも何ともなかったんですが、
どうせ今たまたまマシになっているだけでまた痛むだろう、お盆中にまた痛くなったら大変だし、と
とりあえず行っておいたって感じでした。

「他の歯で虫歯になっている歯がいくつかありますが、いつも通われている歯医者さんで治してもらうようでしたらそれで良いですし、もしうちで治療を進めるならこの歯から治療を始めていきますねー」と
選択の余地を与えてくれました。
この時、いつもの歯医者さんにしとけば良かったんですが、歯について細かくいろいろ説明してくれるし
あまりにも感じの良い歯医者さんだったので、「治療してください」って言ってしまったんですよねー…。
止めておけば良かったです。

それから月2~3回のペースで通い続けて、今に至ります。
や、院長さんはとてもいい人だし、治療はちゃんとしてくれてるんです。
説明も歯の写真を見ながらいっぱいしてくれるんです。
でもちょいちょい「アレ…?」と思う部分が…。

・アレ…?その1
院長の治療を受けられない。
いつも院長じゃない人に治療される。歯科衛生士みたいな若い人(?)
院長は最後の仕上げやチェックみたいなところちょっとだけで出てくるが、ほとんどこの人。

・アレ…?その2
麻酔をして治療しているにも関わらず、全く効いてないと思うほど痛い。
痛かったらすぐに言ってくださいねと言うが、痛くないタイミングもあるので耐えてしまう。

・アレ…?その3
詰め物をしたが、翌朝目覚めたときに口の中に異物感があり、詰め物が取れていた。
詰め物をしたときに、詰め物が割れるので硬いものを噛んだりしないようにしてくださいと言われ
硬いものは一切食べないようにしたし、何の刺激も与えていないのに一晩寝ただけで取れた。
それをちゃんと説明したのに、もう一度詰め物を入れ直され、その分の治療代を取られた。

・アレ…?その4
前歯を勝手に差し歯にされた。
治療の説明はしてくれるが「差し歯」というワードは1mmたりとも聞かなかった。
仮の歯を入れておきますって言われて、仮の歯…?と思ったけど
気付いたときにはもう差し歯にするしかなくなっていた。
たとえ差し歯にするしか余地のないくらい虫歯が進行していたんだとしても、「差し歯になります」って説明が欲しかった。
差し歯を嫌がる人が多いから気を遣って直接言わなかったのだろうか。
いや、直接って言うか「差し歯」に代わる言葉も1mmたりとも言ってなかった。
差し歯になったと分かった瞬間はものすごくショックだった。
歯の裏面が銀色で、自分の他の歯より明らかに出っ張っている。でも削りようもないしどうしようもない。
もう慣れたけど、やっぱり舌で触るとものすごく凸。

・アレ…?その5
散々若い人に治療され続けたが、ある日から院長が治療してくれるようになった。
院長は頼れるし優しいし、院長に治療してもらえることに喜んでいたら
若い人が辞めさせられていたことに気付いた。
スタッフ紹介みたいなところのその人の写真だけすっぽり無くなっていた。
だから治療できる人が院長しかいないだけだった。
詰め物の件とか、差し歯の件で辞めさせられたんだとすれば…?
散々この人の治療に対して治療費払ったのに。差し歯、結構高かったし…。
で、最近新しくおじさん(見た目はベテランっぽい)が入ってきて、その途端、今度は担当がその人ばっかりになった。
院長……。

・アレ…?その6
新しいおじさんの麻酔が前よりもっと効かない。(虫歯の具合も関係していると思うけど)
最近の治療では死ぬほど痛かった。が、痛みを味わわないと自分がまた簡単に虫歯になってしまうと思って
耐えてしまった。ホントに死ぬほど痛かった。
次死ぬほど痛かったら言おう、次死ぬほど痛かったら言おう……と何度も思って、最後まで耐えた。

・アレ…?その7
ちょいちょい歯のクリーニングを挟んでくる。最初の1回は良いんですが、2回目にやられたときは
「もしかして今回で治療終わりだから、最後にクリーニングしてるのかぁ~。良かった。長かった~」と思っていたら
「では、次回はこの虫歯を治療していきますね」って言われて、ハァ?って思った。
なんで今回しなかったの?虫歯の治療を差し置いてまでクリーニングを先にやる必要ってあるの?
って言うかクリーニング最初にやったじゃん。早く歯医者通い終わらせたいのに、回数増やさないでよ。
ほんでクリーニングも治療費かかってるんだから。

・アレ…?その8
上の親不知が虫歯になっていて、それを治療するか抜くかって話になって、
おじさんの説明では、「この親知らずはペアがいない(下の親知らずは信頼できる歯医者さんで抜いた)から、
残しておくとだんだん下に下がってきます。
ちょっと虫歯になっているけど歯自体は健康なんです、だからペアがあったら残してもいいとは思いますが
この歯はペアがないので、噛み合わせには関係ないんです。
でも、下に下がってくるので、隣の歯との差ができて、その間に物が詰まりやすくなって虫歯になりやすくなるから
歯全体の健康を考えるという意味では、残しておいてもあまり意味がないので抜いたほうがいいと思いますね。」
とのことでした。
まあ、納得できるんですけど。
で、じゃあ次回抜いてもらうかーって思ったら「では次回はこの歯(別の歯)を治療するべきかどうか診ていきますね」って言われて、
えっ、て思いました。親不知じゃないの…??

帰り際、受付のお姉さんに「次回って何をするんですか?」と聞いたら
「左上の○番の歯を診て、治療が必要そうであれば小さくてすぐ終わるのでその場で治療ですねー、
治療が必要なさそうであれば歯全体のクリーニングですね。」と言われて
まーたクリーニング!?!??!何回やるねん!!!!!!と思いました。
というか親不知が確実に虫歯で治さないとあかんのに、なんで虫歯かどうかわからん歯をチェックして
歯のクリーニングするのが先やねん。なんで無駄な治療挟むねん。
どこでもそうなんですか?点数を稼ぐために無駄にいろいろ挟むもんなんですか…?
虫歯がある限り通わないとあかんから、無駄なクリーニングも引き受けなあかんやん。
(怒りすぎて関西弁になりました)
お金?お金を稼ぐためなの…?

私は言いました。
「あ、えっと、親知らずを先に治療することはできないんですか…?」
「あー…ちょっと先生に聞いて来ますね!」
「はい、あの親不知を抜いた後って腫れるって言うじゃないですか、なので今のうちにやっておきたいなと思って…(咄嗟に思いついた言い訳)」
「あー、春休みのうちにってことですね!」
「あ、はい、そうなんです(本当は就活の為だけど、まあいいや)」

いい言い訳が思いついたなって我ながら思いました。
で、受付のお姉さんが帰ってきて「いいそうなので、では次回親知らずの抜歯ということで」と親不知に関する説明を長々としてくれました。
麻酔で気分が悪くなる人もいるとか、抜歯後は柔らかいものしか食べられませんとか。
痛み止めを必ず服用してもらいますとか。

で、その予約が来週なんですけどね。
もう、虫歯っぽいところはどうでもいいから、クリーニングも当然しなくていいから、
虫歯の親不知だけ抜いてもらって通うのやめようって思ったんです。
これを最後にしようって。
でも、ここまでに書いてきたような、今までのことを振り返って思い出したら、
もうたとえ一回でもあの歯医者に行くの嫌だなって、
そんな気がしてきたんです。

あ、しかも。

・アレ…?その8
あまりにも治療が長引くので、まあ自分の歯に対するケアも悪いんだろうなあと思いつつ
「あの、すみません、治療ってあとどのくらいかかりますか…?」と聞くと
「(カルテを見ながら)1回か2回…そうですね、多くても2回です!」と言われて
良かった、もうこれでここに通うのは終わりにしよう…と思ったのに、当たり前のように次回の予約日を聞かれた。
しかも次回がクリーニングで、その次が親不知の抜歯ってやつ。
もう3回かかってるやん…。
そのことを受付のお姉さんに聞くと、「この歯が虫歯かもしれないということで…」
「えっと、新たに虫歯が見つかったってことですか?」
「そー…うですね…」

いやいや。この数日間でそんなに変わる?
こんなことがないように、ここ数日は、もうそれはそれは気を遣って歯を磨いたよ…?
絶対虫歯を作らないって。歯を磨かないでこたつで昼寝なんてこともしなかった。
なのに…?


もう、私は迷っております。
とりあえず親不知の抜歯だけこの歯医者でやって、その後は「就活の予定が分からないので次回の予約は電話でします。」と言って電話しないでおくか、
もしくは「次回の予約日に就活の予定が入ってしまいまして…また予定が分かり次第改めて電話します。」と言って電話しないで
親不知の抜歯を前の歯医者さんでやってもらうか。

どうなんでしょうか。
口コミでは今の歯医者さんの方がいい評価だと言いましたが、内容を見ると浅いというか、
前の歯医者さんはレビューを書く人みんながみんな深く、細かく、丁寧に書いているのに対し、
今の歯医者さんは「すごい!!優しいです!!」みたいな、浅くて小学生みたいなレビューが多い。

前の歯医者さんは歴史があるけれども、今の歯医者さんは出来てまだ5年くらい。

ああ、もう、どうしよう。
みなさんは、いい歯医者さんに掛かっていますか?
病院選びって難しいですよね…。


どうしても書きたくなって、今の自分のキモチを全部書きなぐってしまいました。
これだけ書いて思いましたが、私は次の予約を取り消し、前の歯医者さんに戻りそうな気がします。
その方がいい気がします。

ブログ内検索で「歯医者」と検索したら昔の記事が出てきました。

「歯医者さんに通う日々」

院長さんに「ちゃんと通ってくれてありがとう。偉いね。」みたいなことを言われました。
「すごくいいことだよ」と。当たり前だと思いますが、嬉しくなります。


ああ、やっぱり前のところいい歯医者さんだったんだなぁ…。
戻ろうかなぁ。
[PR]
by nana_mi_ura | 2015-03-17 05:39 | 日常 | Comments(0)

お久しぶりです。

More
[PR]
by nana_mi_ura | 2015-02-24 22:55 | 日常 | Comments(0)

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。
とかのんきに言いつつ、もう年が明けて2週間も経っていたのですね…。

お正月ですが、バイトしてました。

大学入学以来、週1か2日くらいのローペースで続けていたバイトがあったのですが、
なんだか最近そのバイトにやりがいや魅力を感じなくなってしまって。
バイトしてる最中も、「私、今何してるんだろう…」と思うばかりでした。
これは私とバイト先の双方にとって良くないことだと思いました。

…というわけで、早々とフェードアウトしてきました(笑)
後輩に「フェードアウトするの早すぎです!」と言われましたが、今は人手も有り余ってるしちょうどいい機会だと思って。

で、実は私、人生で初めてのバイトがそこだったので、今まで他にアルバイトをしたことがありませんでした。
履歴書を書くのも億劫だし、そもそも証明写真がない。
あと、面接が大のニガテ。
英検の面接で自分のことについて質問されたのに「I don't know...」って答えちゃうくらいニガテ。(それは英語がニガテなだけ)(あ、でもその面接はなぜか受かりました。)
まあ、とにかく上がり症でテンパってしまうので、面接がとても嫌いなんです。
あと新しい環境に適応するのも苦手でした。

というわけで大学生になってから3年間、一つのバイト先以外に足を踏み出せずにいたわけですが、
今回、ついに思いきって足を踏み出してみることにしました。
自分、変えなきゃ!って。いつまでもこのままじゃダメだ!って。

本当はこの3年間だって、「今のバイト嫌だし、新しいバイトする!」って散々言ってきたけど、一度もやった試しがありませんでした。
探したことすらほとんどなかった。
自分でも「自分、小心者!」って思いました。

ある日、バイト先で仲良くしてもらってるとっても好きな先輩(女性)に
「私、他のバイトやってみたいんですよねー。(でも今更ですよね…)」と言うと
「もうすぐ就活だし、ラストチャンスやん!」と言われて
えっ、ラストチャンス?まだ、間に合うかな…?と、ちょっと背中を押された気分でした。

それから約1ヶ月半弱?年末年始の短期アルバイトが募集される時期になり、
「短期だったらお手軽だし、なんかいいバイトないかなー」と、ちょっとずつやろうかなって気になっていました。
最初は、地元に新しくオープンするパン屋さんのオープニングスタッフが気になっていたのですが、
とっくに締めきってしまっていたので、アルバイト情報サイトのanでゆるゆる探し始めました。

でも、この時もまだ やる:やらない=3:7くらいの感じ。

とりあえず、梅田駅周辺で時給が高そうなところを探してみようと
「梅田駅」で検索をかけて、時給が高い順で並べました。

すると、「1月2~4日限定!短期アルバイト大募集!」の文字が。
時給はなんと1200円。
今までのバイト(860円)とは比べ物になりません。

それから一応そのページをブックマークして、何日間か寝かせたのち
「やろっかなー」「うん、やってみたら?」と言う会話を母と交わした後
サイトで「電話応募は○時~○時受付」「WEB応募は24時間受付中(?)」みたいなフレーズを見て、
電話は苦手なので、どっちか選べるなら断然WEB応募でしょ!って気持ちで、
軽い気持ちでWEB応募をポチっと押しました。
色々入力して、メールアドレスを入力して完了。

すると、すぐメールが届く。
「○○様
この度は○○○○の求人にご応募いただき誠にありがとうございます。
引き続き、面接日程などをご案内致しますので、お電話にてご連絡下さい。」

結局電話するんかーい!!!
で、まあ、メールしたからには電話しないとダメだよね…と思って、
翌日、大学で休み時間中に電話することにしました。
友達にも「このゼミの後、電話するねん…」と宣言をして。
その友達は次の時間も授業だったので「じゃ、またね!」と言って別れました。
とりあえず、大学のオフィスとか窓口がある建物なら静かだし電話しやすいと思って
ゼミ室からそこに移動したのですが、教授とか学生とか結構人通りが多くて落ち着かない。
結局静かな場所を求めて図書館の前の廊下まで移動して、そこにちょうどいいカウンターのようなものがあったので
そのカウンターに手帳とペンを置き、ついに電話をかけようとしたその時。

「…あれ?○○やーん!」

友達2人でした。
そのうち1人はさっき授業と言って別れたゼミの友達。
授業を抜けて食堂に行こうとしたところ、ここを通りかかったとのこと。

「…えっ、そうなん!私も食堂行く!」

友達はお昼ご飯をまだ食べていなかったようで(※現在4限目)
生協で買ってから食堂行く!とのことでした。

「あっ、じゃあ私その間に面接の電話してくるから、買っといて!」

よし、もうこれで後には引けないぞ…
もう、心の準備とか全然できてないのにかけちゃう。電話番号の準備は出来てるからかけちゃう。

「あ、では○日の△時からで宜しくお願い致します。」

予約しちゃった、しちゃったよー!!
でも、ようやく第一関門突破!
そんな感じで面接の予約を取り付けたのでした。ちゃんちゃん。


…ほんとはバイト最終日のところまで書くつもりだったのですが、
まさか応募の段階でここまで長くなってしまうとは思いませんでした。
まだ面接さえ受けてない。
ということで、続きはそのうちまた書こうと思います。
自分の中での大きな第一歩、忘れないうちに書いておかねば!
[PR]
by nana_mi_ura | 2015-01-18 21:22 | 日常 | Comments(0)

b0218975_22573498.jpg

今日は14時過ぎに目が覚めました。

テレビでは毎年おなじみのゲームセンターCXの振り返り再放送がやっていました。
これを見ると年末って感じがしますねー。
今写真を縮小していて気が付いたのですが、右上に「今年1年の最後の日です」って書いてありますね。

こういうの、なんか好きです。
言い表しがたいですが、いつもは特に注目するところでもないのに こんなところにも年末が感じられるところが
ああ、大晦日だなーって感じがして。

そういえば、私がゲームセンターCX自体を知ったのも2011年か2010年あたりの大晦日の放送でだった気がします。
だから年末ってイメージがあるのかなー。

b0218975_2371848.jpg

話は変わって、みなさん年越しそばはお召し上がりになられましたか?
うちは親戚の知り合いか誰か(お父さんに長々と説明されたけど結局わかりませんでした 笑)にもらったお蕎麦を毎年いただくのですが、
今年は親戚が喪中だからかなんなのか、珍しくお蕎麦をもらいませんでした。
ということで、今年はスーパーのお蕎麦をいただきました。
温かいお蕎麦って大晦日ぐらいしか食べませんが、温かくておいしくてホッとしますよねぇ。

最近は子どもの頃に比べて紅白が面白くなくなってきたので、裏番をちょいちょい挟みつつ
ただのんびり過ごしていました。
そうしているうちに、もう23時。あと1時間で2014年も終わりですね。
年内にもう一回更新すると書いていたのに今日の今日まで更新できず、こんなにギリギリになってしまいました(笑)
嘘はつきたくないので、ネタは全くないのですが指に任せて文字を打っています。
クリスマスに行ったビュッフェの記事とか書きたかったんですが、時間がなかったので新年に持ち越しです。

うーん、なに書こう…なにもないしそろそろ終わっとこうかな!
残りの2014年、紅白のサザンを観ながら(そのうちゆく年くる年になるけど)
のりしおポテトチップスでも食べて、のんびり過ごしたいと思います。(笑)
[PR]
by nana_mi_ura | 2014-12-31 23:24 | 日常 | Comments(0)

最近のこと

週末や休みに近づく度に、ブログを更新しようしよう…と思っているのですが、
ゆっくりしたりなんかしていると、なんだかんだいつも休みは終わってしまいます。
モクモクの食べ放題の記事も途中だし、石川県に旅行に行ったことも書きたいし、
実はまた行ってたステラおばさんのクッキー食べ放題とか、ゼリー目当てに訪れたらゼリーのゼの字もなかった9月の不二家とか…。

そういえば友達に聞いたんですが、ステラおばさんの期間限定店舗、期間延長してるらしいですね。
まだエキマルシェ大阪でやってるみたいですよ。(確か)
好評につき、って書いてたらしいですが、次の催事が訳あって始められないからのかなーとか勝手に思ってます。
だっていつ通っても空いてましたし。(笑)
クッキーが湿気ってるのと、店員さんの愛想があまりよろしくないというマイナスポイントがなければもっと行きたいんですけどねぇ…

飲食店って、味より何より店員さんの愛想が一番重要だと思いませんか。
私はいろいろなお店を巡ってそう思いました。
まあ、飲食店に限らずだと思うんですが…!

とりあえず、早く溜まってる記事を投稿したいです(笑)
土日は終日バイトなので無理ですが、週明けくらいには投稿したいところです。
では、よい金曜日を♪
[PR]
by nana_mi_ura | 2014-10-09 12:49 | 日常 | Comments(0)

b0218975_4533314.jpg

すごく綺麗でした。

グランフロントから歩いてくるときに気付いて、立ち止まって撮るほどでもないのかな…と悩みましたが
「やっぱり撮りたい!」と思って、アトリウム広場(というらしい)で立ち止まって撮ることにしました。

b0218975_4531126.jpg

歩いてくるときは撮ってる人なんていなくて全く気付かなかったのですが、アトリウム広場まで来ると
空に向かってカメラを構える人でいっぱい。
この写真を見ても分かると思いますが、みんな空を撮っていました。(50人はいたと思う)
やっぱり撮らずにはいられない綺麗さだったのだと思います。

幻想的な空でした。
[PR]
by nana_mi_ura | 2014-08-23 05:01 | 日常 | Comments(0)

今起こった出来事

ピンポン鳴ったから誰かと思って見たらTシャツのおっちゃん立ってて、
「うわ、これ変な人や…」と思って無視したらもう1回押してきて、
それも無視したら箱を台にしてなんか書き出して
「うわ宅配便やった!でもパジャマやから出られへん!」と思って
おっちゃんごめん…って言いながらずっと見てたらまたピンポン押してきて、
いやいや、もうそこまで書いたんやったら不在届入れーや…って思ってまだ見てたら
不在届入れた手をそのまま上に滑らしてさらにもっかいピンポン押して去って行った。
しかも最後の一押しした瞬間すぐ背中向けて去ってった。絶対遊んでるやろ(笑)


という今起こった一連の出来事をTwitter(リアルの知り合い用)で呟こうと思ったら140字以内にまったく収まらなかったので、ここで呟きました。(笑)
[PR]
by nana_mi_ura | 2014-08-19 11:31 | 日常 | Comments(2)

テスト前の気持ち

備忘録

More
[PR]
by nana_mi_ura | 2014-07-26 18:27 | 日常 | Comments(0)

コンプレックス

心の中に浮んだことをつらつら…

More
[PR]
by nana_mi_ura | 2014-05-12 19:45 | 日常 | Comments(0)