あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。
とかのんきに言いつつ、もう年が明けて2週間も経っていたのですね…。

お正月ですが、バイトしてました。

大学入学以来、週1か2日くらいのローペースで続けていたバイトがあったのですが、
なんだか最近そのバイトにやりがいや魅力を感じなくなってしまって。
バイトしてる最中も、「私、今何してるんだろう…」と思うばかりでした。
これは私とバイト先の双方にとって良くないことだと思いました。

…というわけで、早々とフェードアウトしてきました(笑)
後輩に「フェードアウトするの早すぎです!」と言われましたが、今は人手も有り余ってるしちょうどいい機会だと思って。

で、実は私、人生で初めてのバイトがそこだったので、今まで他にアルバイトをしたことがありませんでした。
履歴書を書くのも億劫だし、そもそも証明写真がない。
あと、面接が大のニガテ。
英検の面接で自分のことについて質問されたのに「I don't know...」って答えちゃうくらいニガテ。(それは英語がニガテなだけ)(あ、でもその面接はなぜか受かりました。)
まあ、とにかく上がり症でテンパってしまうので、面接がとても嫌いなんです。
あと新しい環境に適応するのも苦手でした。

というわけで大学生になってから3年間、一つのバイト先以外に足を踏み出せずにいたわけですが、
今回、ついに思いきって足を踏み出してみることにしました。
自分、変えなきゃ!って。いつまでもこのままじゃダメだ!って。

本当はこの3年間だって、「今のバイト嫌だし、新しいバイトする!」って散々言ってきたけど、一度もやった試しがありませんでした。
探したことすらほとんどなかった。
自分でも「自分、小心者!」って思いました。

ある日、バイト先で仲良くしてもらってるとっても好きな先輩(女性)に
「私、他のバイトやってみたいんですよねー。(でも今更ですよね…)」と言うと
「もうすぐ就活だし、ラストチャンスやん!」と言われて
えっ、ラストチャンス?まだ、間に合うかな…?と、ちょっと背中を押された気分でした。

それから約1ヶ月半弱?年末年始の短期アルバイトが募集される時期になり、
「短期だったらお手軽だし、なんかいいバイトないかなー」と、ちょっとずつやろうかなって気になっていました。
最初は、地元に新しくオープンするパン屋さんのオープニングスタッフが気になっていたのですが、
とっくに締めきってしまっていたので、アルバイト情報サイトのanでゆるゆる探し始めました。

でも、この時もまだ やる:やらない=3:7くらいの感じ。

とりあえず、梅田駅周辺で時給が高そうなところを探してみようと
「梅田駅」で検索をかけて、時給が高い順で並べました。

すると、「1月2~4日限定!短期アルバイト大募集!」の文字が。
時給はなんと1200円。
今までのバイト(860円)とは比べ物になりません。

それから一応そのページをブックマークして、何日間か寝かせたのち
「やろっかなー」「うん、やってみたら?」と言う会話を母と交わした後
サイトで「電話応募は○時~○時受付」「WEB応募は24時間受付中(?)」みたいなフレーズを見て、
電話は苦手なので、どっちか選べるなら断然WEB応募でしょ!って気持ちで、
軽い気持ちでWEB応募をポチっと押しました。
色々入力して、メールアドレスを入力して完了。

すると、すぐメールが届く。
「○○様
この度は○○○○の求人にご応募いただき誠にありがとうございます。
引き続き、面接日程などをご案内致しますので、お電話にてご連絡下さい。」

結局電話するんかーい!!!
で、まあ、メールしたからには電話しないとダメだよね…と思って、
翌日、大学で休み時間中に電話することにしました。
友達にも「このゼミの後、電話するねん…」と宣言をして。
その友達は次の時間も授業だったので「じゃ、またね!」と言って別れました。
とりあえず、大学のオフィスとか窓口がある建物なら静かだし電話しやすいと思って
ゼミ室からそこに移動したのですが、教授とか学生とか結構人通りが多くて落ち着かない。
結局静かな場所を求めて図書館の前の廊下まで移動して、そこにちょうどいいカウンターのようなものがあったので
そのカウンターに手帳とペンを置き、ついに電話をかけようとしたその時。

「…あれ?○○やーん!」

友達2人でした。
そのうち1人はさっき授業と言って別れたゼミの友達。
授業を抜けて食堂に行こうとしたところ、ここを通りかかったとのこと。

「…えっ、そうなん!私も食堂行く!」

友達はお昼ご飯をまだ食べていなかったようで(※現在4限目)
生協で買ってから食堂行く!とのことでした。

「あっ、じゃあ私その間に面接の電話してくるから、買っといて!」

よし、もうこれで後には引けないぞ…
もう、心の準備とか全然できてないのにかけちゃう。電話番号の準備は出来てるからかけちゃう。

「あ、では○日の△時からで宜しくお願い致します。」

予約しちゃった、しちゃったよー!!
でも、ようやく第一関門突破!
そんな感じで面接の予約を取り付けたのでした。ちゃんちゃん。


…ほんとはバイト最終日のところまで書くつもりだったのですが、
まさか応募の段階でここまで長くなってしまうとは思いませんでした。
まだ面接さえ受けてない。
ということで、続きはそのうちまた書こうと思います。
自分の中での大きな第一歩、忘れないうちに書いておかねば!
[PR]
by nana_mi_ura | 2015-01-18 21:22 | 日常 | Comments(0)